Mail PassView

Outlookなどのメールクライアントに保存したパスワードを忘れたら!パスワード表示ツール

Mail PassView(メールパスビュー)は、Outlook ExpressやMicrosoft Outlookなどのアプリケーションに保存されたパスワード情報を表示する無料ソフトです。一般的に、メールクライアントの設定メニューで自動ログインやパスワード保存を有効にすると、毎回パスワードを入力しなくてもログインできるようになります。便利な反面、自分で設定したパスワードすら忘れてしまいがちです。Mail PassViewを使えば、忘れてしまったスワードもすぐにまとめて再表示できます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • Outlook ExpressやMicrosoft Outlookに保存されたログイン情報(パスワード・メールアドレス名等)を表示し、保存・HTML出力できる
  • 操作は簡単で起動するだけ
  • 言語パッチで日本語化できる

反対票

  • メールクライアントをアンインストールした場合や、ログイン情報を削除した場合は表示できない
  • Webメールはクライアントソフトをインストールしていないと対応しない

6

Mail PassView(メールパスビュー)は、Outlook ExpressやMicrosoft Outlookなどのアプリケーションに保存されたパスワード情報を表示する無料ソフトです。一般的に、メールクライアントの設定メニューで自動ログインやパスワード保存を有効にすると、毎回パスワードを入力しなくてもログインできるようになります。便利な反面、自分で設定したパスワードすら忘れてしまいがちです。Mail PassViewを使えば、忘れてしまったスワードもすぐにまとめて再表示できます。

Mail PassViewが対応しているのは主にメールクライアントソフトを持つメールサービスで、Outlook Express、Microsoft Outlook*、Windows Mail、Windows Live Mail、IncrediMail、Eudora、Netscape*、Mozilla Thunderbird、Group Mail Freeです。また、Yahoo!メール、Hotmail、Gmail*などのWebメールはメッセンジャークライアントアプリをインストールしていれば対応します。

Mail PassViewの利用は簡単で、ダウンロードして起動するだけです。するとメールのアカウント名、メーラー名、Eメールアドレス、サーバー、サーパーポート、パスワードなどが表示されます。選択したパスワード情報をテキスト(txt)形式などで保存したり、全てのパスワード情報をHTML形式のリストに出力することもできます。

ただしクライアントソフトをアンインストールすると、データはPCから削除されて表示できなくなります。また、Mail PassViewを利用しても、常にすべてのデータを完全取得できるとは限りません。パスワードはなるべくパスワード管理ツールなどで安全に管理してください。なおMail PassViewはキュリティソフトによっては脅威として警告されますが、PCへの悪影響は確認されていません。

Mail PassView
は各種メールクライアントに保存したパスワードやユーザーIDなどのログイン情報を表示してくれる無料ソフトです。日本語化パッチを導入することでメニューを一部日本語表示にできます。

*補足: ・Microsoft Outlookの対応バージョンは2000(POP3とSMTP)と2002以降(POP3、IMAP、HTTP、SMTP) ・Netscapeの対応バージョンは6と7 ・NetscapeとMozilla Thunderbirdはパスワードが暗号化されていないときにのみ表示可能 ・Gmailは、Google Talkに限らずGoogle DesktopかGmail Notifierがインストールされている場合でも対応

— その他(インターネット) —

Mail PassView

ダウンロード

Mail PassView 1.80